「ため息」

少し前の事になるが、日曜日の午後3時くらいだっただろうか、村の共益事業である沿線道路側帯の草刈を終え、軽トラックの荷台に草刈機を乗せて家へ帰ろうとしていた時の事だった。

後ろから凄いスピードで走ってくる、白い日産リーフがバックミラーの視界に入ってきた。

そして前方少し離れたところを1トンほどのトラックが走っていたのだが、その距離は明らかに私の軽トラックを追い越すだけの距離は無く、私は多分諦めるだろうと思っていたら、何を考えたのかその日産リーフは無理に私の軽トラックを追い越そうとして右側に出てしまい、これでは正面衝突が避けられないと思った私は運転していた軽トラックを急制動して止めた。

しかしトラックはもうすぐ近くにまで迫っていて日産リーフは急ブレーキをかけ、トラックも急ブレーキで停車、もう数センチで衝突する寸前、2台の車も停車した。

一瞬何もかもが止まった感じになったが、次の瞬間、この事態に血相を変えて出てきたのはトッラクを運転していた若い、多分建設関係だろうと思われる、あんちゃん(若い男性)だった。

「おまえ、どこを見て運転してるんだ」と、日産リーフの運転手の胸倉を掴もうとしていたが、そのリーフの運転手は「警察を呼ぶぞ」と逆に脅していた。

「面白い、何なら俺が警察を呼んでやろうか・・・・」

私はこの場面で殴られるかも知れないリーフの運転手ではなく、若いあんちゃんを守る為に自分も車を降りて、2人の間に割って入った。

「この状態で警察を呼べば、誰が悪いかは一目瞭然だ、しかも俺もあんちゃんもお前が追い越し禁止区間で無理やり追い越しした事を証言してやる」
「どうする、それでも警察を呼ぶか・・・」

私は若い建設作業員を制止しながら、その白髪のリーフの運転手をにらんだ。
それでもどうしても我慢できない若い建設作業員は「何が何でも一発殴らなければ気がすまない」と粋がっていたが、「こんなクズの為に捕まるつもりか、俺はこの男ではなく、お前を助けようとして来たんだ」と言うと、ようやく腕の力を抜いた。

「パチンコで負けて、台には金をつぎ込んでいるんだ、早く家に帰って金を取ってこないと台を取られてしまう、俺は急いでいるんだ」

私とあんちゃんが話している横で、リーフの運転手はまた怒鳴り始めたが、この言葉に愕然としたのは私もあんちゃんも同じだっただろう。

「お前、パチンコの為に命を懸けるつもりか・・・」
「結構な年齢に見えるが、歳はいくつだ」
思わず尋ねた私たちは次の瞬間更に愕然とする事になる。
「82歳だ」

私に取っては父親と同年代、あんちゃんに取っては祖父の年齢だった。
私は村の共益事業で草刈をしてきた帰り、あんちゃんも近所の人に頼まれた仕事をするために資材を買って帰る途中だった。

その仕事をしている息子、孫の世代に働きもせずにギャンブルに興じ、その挙句自身の無謀に拠って迷惑までかけているのだった。

私もあんちゃんも流石に開いた口がふさがらない状態になった。

「おまえ、自分が恥ずかしくないか・・・」
私は静かにその高齢者に問いかけた。

しかし彼は「俺は急いでいる、帰さないのなら警察を呼ぶぞ」といきまいていた。

「警察を呼んで、こいつの免許証は取り上げた方が良いかも知れんな・・・」

私はいきまく高齢運転手につぶやき、あんちゃんに携帯電話を貸してくれるよう頼んだが、その様子を見ていた高齢運転手は、今度は一転して勘弁してくれ、早く帰らないと大変なんだと懇願する有様だった。

結局私たちはため息混じりに、そのリーフの運転手を帰し、自身らも家路に帰ったのだが、帰り際、「昔は若い者が無謀を起こして、年寄りがそれを止めたものだが、今は年寄りが無謀を起こして若い者がそれを止めなければならない時代になったんだな・・・」とつぶやく私に、そのトラックを運転していたあんちゃんは少し笑いながら、手を上げて去って行った。

宇都宮の自爆自殺事件に鑑み、同じような危険は自身らのすぐ隣に、次の瞬間にも存在し得る事を思わずにはいられない・・・。






関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

old passion

Author:old passion
この世に余り例のない出来事、事件、または失われつつ有る文化伝承を記録して行けたらと思います。

[このサイトは以下の分科通信欄の機能を包括しています]
「保勘平宏観地震予測資料編纂室」
「The Times of Reditus」

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

月別アーカイブ