「柿の実」

ご内儀が足を悪くされ、更に認知症を患われ、介護施設へ入所されのは一昨年の事だったが、子息子女のいない隣家の当主は以後一人暮らしで、野良猫だったグレーと白の一部縞模様の猫を可愛そうに思い飼っていた。

今年2月、その当主からかかって来た電話に隣家を訪ねた私は、かねてから膝を悪くしていた当主が完全に動けなくなっている事を知り、市の福祉事務所に救済を求めた。

それまでも困った事が有ったらいつでも言って欲しいとしていた私の元には、蛍光灯の交換や屋根の修理などの細々した依頼はあっても、「もうだめだ・・・」と言うような言葉は無かったのだが、その時の電話は「もうだめだ・・・」と言う一言だった。

こうして88歳の当主はご内儀と同じ介護施設に入所する事になり、隣家はついに空き家となってしまった。

玄関で不安そうにしながら、しかし警戒している猫に、私は「家に来るか?」と声をかけたのだが、やがて餌が無くなった隣家の猫は私のところで餌を食べるようになり、今では家の猫と2匹で夜は私の布団の上で寝ている。

おかしなもので、それまでいつも喧嘩ばかりしていた家の猫は、初めて家で餌を食べる事になった隣家の猫に、餌を食べるように勧めていたように見えた。

オス同士で決して仲良く出来ないはずのものだが、こうして見ていると猫にも「情」が有るのかも知れない事を思ったものだった。

先日、稲刈りも終わった事から当主の見舞いに施設を訪ねた私に、当主はまず猫はどうしているかを尋ね、元気にしている事を伝えると目を潤ませて頷いていたが、そろそろ柿が色付く頃だが食べてくれと言い、その際「そう言えば木の枝が納屋に届いていたが、あれは切ったか」と聞かれた私は、その話をすっかり忘れていた事に気が付いた。

隣家の柿の木の枝が家の納屋に寄りかかっていて、当主はいつも早く切れと言ってくれていたのだが、それをすっかり忘れていた私は家に帰ると早々、鋸を持って柿の木に上った。

「しまった、当主の言うように早く切っておけば良かった・・・」

夏以前であれば実が成っていないから枝は軽かったのだが、秋ともなれば枝の先に鈴なり状態で実が付いて、それが屋根に乗っている状態になっていた。

仕方なく梯子を持ってきて屋根に上り、そこから枝を切って50以上も実のなった柿の枝を下に落とした私は、屋根の上から何気なく隣家の玄関に目をやると、そこにはいつも昼になると暫くいなくなる隣家の猫が、なんだかしっかりした姿勢で座っていた。

「そうか・・・、今はお前が隣家の当主名代なんだな、お前、律儀な奴だったんだな・・・」
私は暫く屋根の上から猫の様子を見ていた。

枝に付いていた柿の実は勿体無いので全てもぎ取って、暫く置いて熟すのを待つ事にし納屋に運び、枝も細かく切って片付けた帰り際、毎年「好きなだけ取って食べてくれ」と言われながら、忙しさから一度も食べた事がなかった柿の実、その熟していそうな美しい黄色の実を選んでもぎ取り、カリッとかじってみた・・・。

「ああ、こんなに甘かったんだ・・・・」

思わず青い空を見上げた私の中から、嬉しいとも悲しいとも言いようが無い、何か熱いものがこみ上げた・・・・。



関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

old passion

Author:old passion
この世に余り例のない出来事、事件、または失われつつ有る文化伝承を記録して行けたらと思います。

[このサイトは以下の分科通信欄の機能を包括しています]
「保勘平宏観地震予測資料編纂室」
「The Times of Reditus」

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

月別アーカイブ