キラー言語・Ⅱ

だがやはり言語とは面白いものだ、こうしてフランスなどがキラー言語から守ろうとしている自国言語、しかしキラー言語と言う広域コミュニケーション言語は、こうした世界各地のコミュニケーションを円滑化し、そこから世界各国に「理解」と「相互認識」をもたらす役割も持っている。

また少数言語、ローカル言語だが、こちらもキラー言語によって駆逐されるのだが、それから後がかなり愉快なことになっていて、ローカル言語からキラー言語に移行する「言語移行」(Iinguistic shift)の時期には、キラー言語の中にローカル言語独自の文化的特徴を持ち込み、結果としてキラー言語と言う広域言語を、独自に変形させたものを創造させるが、この仕組みは風邪ウィルスにとても似ている。

例えばオーストラリア先住民族、アポリジニが言語を英語にシフトして行った過程には、「オーストラリア・アポリジニ・イングリッシュ」(Ausutraliann Aboriginai English))と言うアポリジニ独特の英語が創造されたのであり、そこには先住民族のエストが宿り、まるで彼ら先住民族の文化が再生されたかのような、はたまた小さき存在が大きなコンテンツに変換され、大海原に乗り出したような煌きがあったのである。

そしてキラー言語による侵食は、何もオーストラリアの先住民族だけではなく、この日本も英語の侵食によって大きな影響を受けているのだが、ここでもやはり日本語と英語の和製英語が創造され、その言語は正確に日本文化を継承しているとは言えないまでも、したたかに英語の中に独自の文化を織り交ぜたものとなっているのである。

だから言語を守ると言う意味に措いて、一つは純粋なものを残さなければならないとしたら、それは画像データか文書記録でしか実現しないかも知れない。
かたくなに文化を守るとして、そこにコミュニケーションを欠いたものが発生するなら、それに固執することは、言語が言葉の蓄積であると考えれば、言葉本来の持つ意義をも失わせることなるのではないだろうか。

21世紀の終わりには6000を超える言語のうち、その90%が消滅する恐れがある。

だが同時に人類はキラー言語と言う広域コミュニケーション言語の中に、失われた5500余りの言語を融合させ、それまで余りにもローカルであるが故、その存在ですら認識できなかった文化をグローバル化させる道を見出すのではないだろうか・・・。








関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

old passion

Author:old passion
この世に余り例のない出来事、事件、または失われつつ有る文化伝承を記録して行けたらと思います。

[このサイトは以下の分科通信欄の機能を包括しています]
「保勘平宏観地震予測資料編纂室」
「The Times of Reditus」

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

月別アーカイブ