有効活用

手塚治虫原作「火の鳥」にこんな話がある。

宇宙船が故障して不時着したある星で、一人の乗組員がその星の人達に助けられる。
その星の人は、姿かたちは人間とおなじだったが、ただ足が鳥の足だった。

傷を負った彼をその星の人達は献身的に看病し世話をするが、そんな彼らの中でも1人の女性が彼に好意を持ち、身の回りの世話をするようになり、やがて2人は一緒に暮らし始める。

そんなある日、地球への通信機が修理できて交信可能となった・・・が、その通信機に近づいた彼女を、通信機を壊そうとしたと誤解した彼は銃で射殺、足が鳥だから食べれば美味いのではと考え、食べてしまう。
その肉は鳥の肉で「これは美味い・・」と言いながら食べてしまい、その星のほかの人達をも「俺はこの足が大嫌いだったんだ、鳥の分際で・・・」と次から次殺していく。
そしてこの乗組員に科せられた「罰」はここから以降年を取らず若返り、誕生からこの年齢までを永遠に何度も繰り返すことだった。

1980年代、私たちはテレビの画面に釘付けになった・・・。
ピンク色で笑ったような顔、可愛い手足でテレビコマーシャルに登場したウーパールーパーは、瞬く間にお茶の間の人気をさらい、水族館は連日この可愛い両生類を一目見ようと大勢の人で賑わっていた。

またペットしての人気も高まり、金に糸目はつけない、とにかく欲しいと言うことで子供連れの親たちがペットショップを訪れ、このウーパールーパーは信じられないほどの値段で取引されたものだった。

あれから20年・・・。
富山市にある水生生物を養殖する日本生物教材研究センターは、ペット向けの需要が激減しているこのウーパールーパー(メキシコトラフサンショウウオ)を食用として中国向けに販売すると発表した。

同センターは協力者もあって、今年2月初旬までにウーパールーパーを乾燥し食品にすることに成功、ドライフードとしてそのまま食べることもできるが、水で戻して空揚げや天ぷらにすると香りがよく、食感も良いとしている。
試食した近隣住民は、始めはどうか・・・と思ったが、これはなかなか美味しいと好評だった。

確かに原産地メキシコではかつてこのウーパールーパーは食べられていたことは事実だが、新聞の「むかしのアイドル、現在は食用・・」の見出しは、少しつらいものがあり、「用途を変えてブームの再燃を目指す」は、そんな・・・と言う感じである。

自由主義の社会、経済が最優先の社会だから、こうした企業の取り組みに意見をすることはできないが、そこまで無理して食べなければいけないものなのか、またかつて子供たちに人気があった、こうした生き物をドライフードにしてまで「活用」しなければならないのか・・・と言う素朴な疑問が残る。

また少し前の鯨の記事ではないが、牛や豚は食用だけど鯨は友達と言う、西洋の価値観の反対のことが言えるような気もするが・・・例えば金魚、それまでペットとして飼っていたものが、余ってきたから食用にしようと言う急激な価値観の転換ができるだろうか。

まあこうしたことも配慮してか、この企業は販売先を中国にしているところなど、なかなかのものではあるが、何か今の日本、何でもいい・・・と言う感じがするし、新聞も記事になるなら多少情緒が欠落しても・・・と言う恐ろしさを感じてしまうのは私だけだろうか・・・。

それにしてもウーパールーパー・・・あんなに可愛かったのに、ドライフードとは・・・。



関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

old passion

Author:old passion
この世に余り例のない出来事、事件、または失われつつ有る文化伝承を記録して行けたらと思います。

[このサイトは以下の分科通信欄の機能を包括しています]
「保勘平宏観地震予測資料編纂室」
「The Times of Reditus」

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

月別アーカイブ